FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
GetAttachment   漢詩
私が習っている先生の作品です。             

                  GetAttachment  椿                 
                   「花椿」 
                  
                  こちらは別の先生の作品ですが
                  書の部分だけで畳1畳ほどあります。
                  旅館とか料亭に飾ったら、ぴったりと思うのは私だけ?  


先週名古屋市内で開かれた書道展に行きました。
私も出品しました・・・  

                               
子GetAttachment  巻
別れの情景を詠んだ漢詩を巻子(巻物)にしました。


GetAttachment 会場
かなりピンボケですが、全体はこんな感じです。
全長は3.5メートルあり、初めての挑戦だったので仕上げるだけで精いっぱいでした。

反省点は山ほどあり、記事にしようか迷いましたが
こんなこともやってますということでアップしてみました。


[ 2009-11-16 (Mon) 19:50 ]   Comment(8)
   Category:書道
written by こふで
すばらしく素敵!今までみたこともない雰囲気の作品で、しばし見とれました。 薄墨で書かれる流派ということでしたね? こういう風になるのですね、納得、素敵ですね~  花椿、大作なのですね? 実物をみてみたいです。額装もまた初めてみる雰囲気、お花は椿なのでしょうが、素材は何なのでしょう? たしかに旅館や料亭にあったら映えますね?
夏海さんの作品も大作ですね? やはり、とても品良く美しいですね。
私のようなものがおこがましいですが...
書きあげるの大変だったでしょうね?コンディションを整えないと
書けないでしょうね? 
小野道風の美術館にも行ってみたいです、書の町のようですね。
2009-11-16 (Mon) 23:20 Web [ Edit ]
written by niko
書といっても色々あるのですね!友人の書道展に行った時は
もっと力強い感じでした。
夏海さんの書は女性的でやわらかい感じがして素敵です。
先生のはとってもおおきいのね~想像できない(笑)

墨の濃さとか筆の太さとか・・・素人にはわかりませんが難しい
のでしょうね・・・。
自分で納得がいくまで練習するのかしら。
根気とか忍耐力とか・・・勉強ですね(私には真似できません)

趣味がある夏見さんが羨ましい!
2009-11-16 (Mon) 23:25 Web [ Edit ]
written by すず
別れの情景を詠んだ漢詩、切なさが伝わってくるような素敵な
文字ですね。 書道はさっぱり分からない私ですが、夏海さんの
文字、好きです。
水彩絵具で書道をかかれる方がいましたが、絵とは違って又
とても合っていました、絵具と文字が・・

確かに、花椿は一流旅館とか料亭などに、ぴったし♪ですねぇ。

今ジュゲムがメンテナンス中で、夏海さんにいただいたコメントのお返事が、
出来ず、遅くなります。 すびばせん・・
2009-11-17 (Tue) 11:47 Web [ Edit ]
written by 夏海
はい、淡墨を使う流派です。
「花椿」の絵の部分は、絵の心得のある方が
書の雰囲気に合わせて描かれたそうです。
どういう絵の具が使われているのかは、残念ながら
私には分かりません・・・
この先生は毎年新しい試みで出品されますので楽しみです。

私の作品を品よくなんていってくださると、とてもうれしいですが
正直、仕上げるのが精いっぱいで余裕がありませんでした。
これだけの字数となると、かなり集中力がいります。
なかなか大変でした・・・
その反動ではありませんが、しばらくはお出かけ三昧の日々でした(笑
東風記念館はぜひお出かけください。
案内しますよ(*^^)v
市のHPはカーソルが「筆」なんですよ!
2009-11-17 (Tue) 18:16 Web [ Edit ]
written by 夏海
墨色によっても雰囲気は、ずいぶん変わると思います。
展覧会によっては、作品のサイズにも規定があり
ある程度の大きさでないと出品できません。
アップした先生の作品は、どちらも紙のサイズはほぼ畳1畳分です。

何枚書いても、なかなか納得のいく作品には仕上がりません。
だから来年また頑張ろうと思えるのかな~
実は趣味といっても、作品が思うように仕上がらないときなどは
時々えいっ!と放り出してしまいたくなることもあるのよ(苦笑
2009-11-17 (Tue) 22:50 Web [ Edit ]
written by 夏海
ありがとうございます。
「書に関して専門的な知識がなくても、絵を見るように
観賞すれば楽しめる」と、先生はいつもおしゃってます。
古い書の世界も最近は表装もモダンなのがあったり
いろんな試みがあるようです。

「花椿」の実物はもっと華やかで、旅館や料亭に飾ったら
映えると思います。

2009-11-17 (Tue) 22:58 Web [ Edit ]
written by choko
古都で、古き文化の力強さを堪能してきました。
私たちのDNAに組み込まれたわびさびの精神。
夏に中欧でみた西洋文化にも勝る「強さ」を
再認識しました。
書道は心との対話ですよね。
字にはその人となりがうつります。
筆を持つと心が澄みます。
そんな時間を持っている夏海さんは素晴らしいです。
2009-11-18 (Wed) 17:32 Web [ Edit ]
written by 夏海
お帰りなさい。
素敵な時間を過ごされたようですね。

真っ白な紙と向き合う時は、身が引き締まります。
なかなか納得の行く作品はできませんが、もう1枚書いたら自分の
思い描く線が引けるのではないか・・・
いつもそんな思いで書き続けて今に至っています。

私の字は力強さに欠け、大きな文字を書くのには
向いていないようですが、先生はそれも個性だと認めてくださいます。
いろんなスタイルに挑戦したいと思いますが、無理はせず
楽しみながら「細く長く」マイペースで続けたいです。





2009-11-19 (Thu) 23:07 Web [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。