上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
約3週間の冬休みを日本で過ごした娘は、昨日留学先へ戻って行きました。
        
GetAttachmentセントレア2

               GetAttachmentセントレア3
 


娘は日本の大学を卒業し、2年間の社会人生活を経て
アメリカの大学院で勉強したいという夢が捨てきれず
2007年に渡米し、現在に至っています。

女の子だからという理由で将来の選択肢を狭めたくはなかったし
自分で選んだ道が一番頑張れる・・・
そう思って送りだしましたが、母にとってはけっこう長い2年間でした。

      

健康面が何より心配で、いつもいつも「体に気を付けて!」と声をかけてきました。
私がしつこいと自覚しているのだから、きっと娘は耳にタコができてると思うけど
さすがに最近は「うるさいっ!」とか「わかってる!」といわなくなりました。
ひょっとして聞き流してるだけ??

5月には卒業し、夏には帰国予定ですが
帰国後は再び厳しい「就職活動」が待っています。
大学時代にお付き合いしていた彼はイケメンで礼儀正しく
母は応援してたのに、別々の道を歩んでいます
今は色っぽい話は皆無だそうで、「花嫁の母」への道のりは
まだまだ遠いようです・・・

空港へ行くとなぜか海外旅行に行きたくなります。
娘の卒業式に合わせて、もう一度アメリカに行こうと
秘かに計画を練っている母です(笑

[ 2010-01-12 (Tue) 08:44 ]   Comment(8)
   Category:家族
written by niko
こんばんわ~♪
やはり戻ってしまうと寂しいですね~お嬢さんなら、なおさら・・・。
でも決意をもって留学させたことは家族の財産になると思うわ!
今の時代、男も女も関係ない素敵な時代です。
以前の彼だって、今後の彼だってご縁があれば・・です。

私は最近あまり迷いがなくなりました。
迷うなら、する!ことにしています。
迷うのは本当はしたいのにいろんな深~い言い訳や諸々
うまく言えないけれど・・苦笑。
50を過ぎて居直って気持ちのままに生きようと。。。
なので、夏海さん!出掛けましょう!!
絶対素敵な旅行になりますよ☆
2010-01-14 (Thu) 20:06 Web [ Edit ]
written by choko
お嬢さんの生き方は私が30年若かったらしてみたかった生き方です。
その時々でしかできない生き方があります。
私はある時期を飛ばして今にいたっているので
後悔したらきりがないです。

日本の大学では何を専攻し、アメリカでは何の研究をしているのでしょうか。

若い時の経験はその人の人生を左右します。
グローバルな知的回路は一生の宝物です^^v
2010-01-15 (Fri) 11:18 Web [ Edit ]
written by こふで
着実に自分の人生を歩んでいるお嬢さん、素敵ですね? 
自分の考えで行動できるのは素晴らしいことですね。 
娘を育ててないのですが、そんな風に育てたご両親の努力、わかるような気がします。
きっと、自信をもっていい未来が開けることと思います。
2010-01-15 (Fri) 20:17 Web [ Edit ]
written by 夏海
大学時代にも8ヶ月間ですが、留学経験があるので今回は2度目。
夫はアメリカへの長期出張の経験が何度もあり
治安の面で心配していましたが、とにかく娘を信じて送りだしました。
何とか卒業の目途もたったようですし、夏の帰国までは
あっという間と思いますが、戻ってすぐはさびしいものですね。
そして私は、スポケーンというアメリカの片田舎に行くのは
卒業式のある5月を逃したらないと思うと、もう1度訪ねて
見たいと思っています。
6月頃に、また旅行記アップしているような気がします(笑
何かをしようと迷った時に、自分を縛っているのは
自分自身かも知れませんね。
2010-01-15 (Fri) 22:34 Web [ Edit ]
written by 夏海
大学時代は福祉を学んでいました。
「障害者福祉」が専門で、卒業後は社会福祉士として
働くことを目的にしていました。
ところが8ヶ月間の留学で出会った先生の授業に感銘し
教師の道に進みたいという迷いが出てきました。
いったんは一般の会社に就職しましたが、あきらめきれず
働きながら通信で高校の英語の教員免許を取得しました。
そのまま採用試験を受けるには、本人としては
勉強不足の感があり、日本またはアメリカの大学院進学を希望し
結果としてアメリカを選びました。
働きながら教職を取ったあたりで、こりゃ本気なんだ~と思い
その後の選択は彼女に任せ、できるだけ応援したいと思ってきました。
ということで、現在は英語を母国語としない人にに英語を教える
「英語教育学」を学んでいます。
本人の中では福祉と教育には、共通点はたくさんあるそうです。

アメリカの大学院ともなると応援できるのは、金銭面だけですね・・・

私も高校時代に3週間だけですが、アメリカでホームステイの経験があります。
年齢は明かしてないけど(笑、当時はかなりめずらしいことでした。
目に写るのは新鮮なことばかりでしたが、なかなかその後の人生には
結びつきませんでしたね(苦笑
それでも今も忘れられない、思い出がいっぱいできました。
娘は「語学留学なら今のお母さんの年でも大丈夫!」といいますが
さすがに踏みきれません。
2010-01-15 (Fri) 23:08 Web [ Edit ]
written by すず
私もあんな感じの寮生活をしていたことがあります。
何十年も前のことですけど・・
両親には一カ月と嘘をつき、フレスノという暑い田舎で勉強していました。
あの時の苦労はその後にもとても役立っていると
思っています。
お嬢さん、帰国されてから良いお仕事が見つかるといいですねぇ。
又アメリカへ行かれるチャンスが来るかもしれませんし・・
夏海さんもお嬢さんの晴れ姿をご覧になりに行かれるんですね。
空港は胸が高鳴る所ですよね、確かに・・
2010-01-15 (Fri) 23:13 Web [ Edit ]
written by 夏海
ありがとうございます。
娘は高校までは、けして勉強が好きとか、成績がいいという
生徒ではありませんでした。
でも自分が学びたいものに出会えたことが
今につながっていると思います。
お世話になった方々に感謝の気持ちを忘れることなく
将来に向かって進んで欲しいと思っています。
2010-01-15 (Fri) 23:17 Web [ Edit ]
written by 夏海
すずさんもアメリカで勉強されたことがあるのですね。
chokoさんへのお返事にも書きましたが、私もアメリカで
「短期語学研修」という名のもとに、ホームステイしたことがありますが
3週間だったので、楽しかったという記憶しかありません。
フレスノというのはどのあたりでしょうか?
アメリカは田舎の方が暮らしやすいと聞きます。
中部国際空港は、いろんなお店が入っていて
何とユニクロや温泉まであります。
いつも娘を送った後は、あちこち見てから帰ります。
2010-01-16 (Sat) 11:56 Web [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。